稽古日記(2021年9月25日)

今日は、10月17日開催予定の第15回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会・選抜指定大会に向けて、組手中心の稽古を行った。

突きの受け返し、突きのみのスパーリングでウォーミングアップをし、ミット打ち。最後に参加選手メインの組手稽古を行った。

ミット打ちでは、正確に技を決めて、しっかりとインパクトをつけるよう指導した。また、組手稽古では、常に8割の力で的確に技を決められるよう指導。

参加選手のうち、ハルトの課題はスタミナをつけること、コウタの課題は下突きを上手く決めること。この課題を克服することが僕の課題でもある。

試合まで約1ヶ月。

参加選手の目標を達成できるよう、気合いを入れて指導していきます!

試合に出ない、リョウとナオキの空手の技術がすごく上達していて、機会があればぜひ試合に参加してもらいたい。
意外と良い結果を出せると思う。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる